FXの取引コストはスプレッドも含めて考える

手数料とスプレッドを確認すれば安心!投資をするときの手数料は安いに越したことはない。とはいっても、手数料がなければ金融商品を取り扱う会社の利益もなくなって経営が成り立たないことになる。安心して取引するには、手数料の仕組みやトータルのコストを知り、信用できる会社を選ぶことが大切。そのためには手数料の他にスプレッドをチェックすることが必要だ。

FXの取引コストはスプレッドも含めて考える

FX取引の手数料は、FX取扱会社により異なりますが、例えば、1取引単位(1万通貨)当たり150円(税込)などとなっています。この場合、1通貨当たりは1.5銭。注文して決済すると合計3銭です。外貨投資の手数料としては、かなり割安といえます。

 

中には手数料ゼロ円と宣伝しているFX取扱会社もあります。手数料ゼロ円で、どうして営業できるのでしょうか?ではセントラル短資FXの場合を見てみましょう。スプレッド1.0銭手数料は0円になっています。実際のスプレッドに関してはセントラル短資FXの公式ホーム―ページでご確認ください。

 

実はFX取扱会社にとっての利益は、取引手数料のほかにもう一つあります。スプレッドです。FX取引の為替レートはアスクとビットの2本が提示され、アスクのほうがビットよりも高くなっています。この差がスプレッドです。例えば、米ドル円の為替レートが、アスク100円00銭、ビット99円97銭と表示されているとします。アスクからビットを引くと、100円00銭−99円97銭=3銭。スプレッドは3銭です。

 

スプレッド表

 

投資家は買うときは高い値段(アスク)で、売るときは安い値段(ビット)で売ることになっています。その差額であるスプレッドがFX取扱会社の利益になります。つまり、FX取引は、スプレッドの分、マイナスから始まり、スプレッドを超えて値上がりすると利益が出ることになります。

 

先はどの米ドル円の場合は、スプレッドが2銭ですから2銭以上の米ドル高が進めば利益が出るというわけです。スプレッドは小さいほうが投資家には有利です。スプレッドがどれくらいかは、FX取扱会社や通貨ペアにより異なります。

 

手数料無料をうたっているFX取扱会社の中には、スプレッドが大きいところもありますから、手数料とスプレッドの両方を確認しないと、取引コストが安いか高いかという判断はできません。そしてFX取扱会社によっては、スプレッドが固定されている場合と、変動する場合があります。

 

FXをもっと学びたい方は以下のサイトが参考になります。
達人さんのFX初心者

流動性の低い通貨はスプレッドが大きいものも

通常、流動性の高い通貨はスブレッドが小さく、流動性の低い通貨では大きくなっていることが多いものです。つまり、流動性の低い通貨は、スプレッドが大きい分、値上がり幅も大きくないと利益が出ないことになります。また、市場参加者が多く取引量が多い時間帯のほうがスプレッドは小さくなります。